やっぱり最初のロングツーリングは「富士山」なんでしょうね!<準備>

DSC00296

「自分の脚だけで一日100km以上走れるって・・・そんな事が自転車の醍醐味って感じるんです!」

中学、高校と丁度オートバイに興味を持って高校にもなると免許をとって乗っている人もいます。しかし、小野は全く興味なく・・・自転車三昧の日々でした。いつも頭の中には「ツーリング計画」ばかりがあった気がします。

そんな大好きだった自転車も社会人になると時間がとれず・・・「昔話のネタ」になっていました。

ここ2、3年、クライアントさんとしてもアスケンの会員としても結構ながく付き合っている「ホルセン」こと、ケンちゃん!が自転車をガチでやり始めて、その影響の中で・・・「やってみよう!」と思って、実はここに来るまでに1年以上の時間がかかっています。

それは・・・自転車が決まらなかったです!

小野が学生の頃乗っていた自転車は、ツーリング車と言ってカバンを5つつけて何日もツーリングするもので、太いタイヤ、重い重量・・・ただし、ものすごく丈夫に出来ていました!当時(35年前)7万円で買った完成車を改造していって、最後は32万円ぐらいになっていました。(笑)

小野が自転車選びで困ったのは・・・4つありました!

・安いのを買っても意味なく後から金がかかるならある程度のものを!

・身体が出来ていないならストレスのない自転車を買うべき!ストレスのない自転車は値段もそれなりに張る!

・ロードかクロス系・・・長距離走るのに、身体に負担が少ないのはロード系かな?

・カーボン?アルミ?そんな自転車は小野が学生時代乗っていた頃はなかった!

こんな事を検討して当時の憧れ(イタリア車)をプラスして決まったのが・・・

Wilier IZOARD XP

DSC00195

ただし、この手のスポーツバイクって完成車を家に持ってきたから「はい!どうぞ!」ってすぐには乗れません!詳しく言うと、1日100kmとか200kmは、まず走れません!上の写真も、実はサドル変えています!

専門店に行って、坐骨の幅を調べて買いました!スペシャライズドのROMINです!まさかロード乗ってスペシャライズドのサドルを買うとは思っていませんでした・・・それもこんなものに乗って・・・

スペシャライズドのサドルサイザー

saddlesizer

純正のサドルの時は30km程度走ると「お尻」が痛くてまともにペダル踏めなかったのですがROMINは全然痛くないです!おそらく100kmは余裕で痛くなさそうです!純正の方が綿で柔らかいのですがこの硬いROMINの方が痛くないんです!

小野はBROOKSの革サドルに馴れているので良く分かりませんが良かったです!

小野は靴とペダルを固定する「トーストラップ」って言うのをツーリング車の頃はつけていましたがこれで長距離や上り坂は随分助かったので探していると、最近はSPDと言って専用の靴と専用のペダルを金具で固定するタイプが主流のようなので「片面SPD、片面ノーマ」のペダルをつけました。とりあえず「立ちゴケ」対策でマウンテンバイク用の取れやすいSPDにしました。

シマノ・クリッカー SH-CT40G

DSC00310

シマノ PD-A530

DSC00309

このタイプの靴は普通に歩けます!ただロード用の大きいクリート(取り付け部材)だと普通には歩けません(笑)

でも少し緊張しました。練習でも「立ちゴケ」は痛いですから・・・(笑)

少し誰も来ない広場で5回ぐらい「入れる」「解除」「入れる」「解除」を繰り返していたら・・・楽勝でした!ただし、トーストラップのようにバンドで締めていないので「装着している感覚」がないのでつけているのを忘れると「コケ」ます!(気をつける!)

ただ、やっぱりつけて走ったら「楽」でした!

いつもの「境川のサイクリングコースの休憩所」に行ったら・・・平日なのに混んでいました!

DSC00313

今日はサイクリングコースでは1人しか抜かれなかったです。でも、また女性でした(汗)・・・この間とは違う人でした!おそらく20歳前後だと思うのですが・・・BMC×Dura Ace でした!(本気)

夏にアスケン会員の何名かと「横浜 → 沼津」「沼津 → 富士山一周 → 沼津」「沼津 → 横浜」・・小野は全部走るつもりですが時間はない人は輪行で「富士山一周」でも参加して頂ければと思っています!どの行程も約100km・・・感動しながら走れそうな予感です!

小野和彦の50歳前にしてのチャレンジ第一弾でした!また、進捗ブログで流します!

DSC00291


コメントどうぞ!