売れる人は「限定60台の価値」の価値を見ない!

2008-01-15-085149[1]

少し見えるかも知れませんが・・・この自転車189万円です(笑)

小野も小学校6年生から自転車でツーリングをするのが大好きな自転車キチでした。19歳の時には横浜から北海道まで日本半周を制覇しました。その自転車も仕事を言い訳にやっていませんでしたが今年やろうかな?と思っています。

この自転車は「コルナゴ」と言う有名な自転車メーカーとあのフェラーリのコラボで生まれたフェラーリ60周年アニバーサリーモデルです。世界に60台、日本に20台あるようです。

皆さん?この自転車買いますか?

多くの方は買わないと思いますが、そこに「価値」を見出す人は買うものです。

やはり価値って個々に異なって当たり前なのですが「売り手側」がなかなか分からないのが「買い手の価値」なので本当は「買い手の気持ちを想像する」よりも「どれだけ多くの人に売っているものの存在を告知するか」を考えた方が実は「賢明」です。

「買い手の心理を読もうとする売り手は不毛です!」

小野もこのような経営者沢山みて来ました!

コメントどうぞ!