客数を増やす人の視点 売上構築

gyoretu

客数を増やす人と増やせない人の視点ってこんな所にあります。

マーケティングの発明者であるコトラーもこんな事言っています!

『平均的な企業は年間に10~20%もの顧客を失っている。この補填に利用されるコストは既存顧客を満足させ維持する場合の5~10倍に及ぶ』

つまり、小野も多くのクライアントさんにも言ってきましたが「今、従業員が目の前にいる顧客にファンになってもらいたい」と思う行動がないのに集客だけして顧客を増やそうと思うのは100万年ぐらい早い!

「今が見えないのに、未来が見えるはずがない」

と小野は思う訳です!もう1つ大事な事は・・・

「顧客を増やす前に顧客を減らさない行動を!」

小野の所に来る99%以上の方は「殆どが売上を下げて依頼に来ます」ただし、なぜ下がったかの理由を外に求めています。「不況」「競合店」「法律」「周辺環境」など!これが理由だと総理大臣でも直せないのです。

自身がやってしまった事は直せても他がやった事は直せません。また同業態でも笑いが止まらないほど儲かっている所もあったりします。こんな状況にしてしまう経営者や従業員も「客数が減る要因を放置している為」に客数を減らしてしまっているんです。

なぜそうなるかは・・・

「顧客を増やす事ばかり考えているから」

こんな会社、店舗の従業員は基本的に「顧客を大事にしません!」

しっかり客数減らす行動しています!

コメントどうぞ!