「仕事ができる」って何だろう? 少し考える!

job001

『入社した頃・・・よく言われた! 「仕事出来るようになれ!」』

これを読む皆さんは「仕事が出来る」って何だかわかりますか?実はよく分からないのですが単純に働く人は「仕事出来るようになりたい」と思うのです。小野も同じです。

ただし、「仕事が出来る=収入が多い」

こんな事を単純に思っているからかも知れません。

小野は仕事柄多くの経営者に会ってきましたが「収入が多い人が仕事が出来る人か?」と言う質問には力一杯「ノー」と言うのが小野の意見です。

特に残念ながら現代は「仕事が出来るから収入が多い」と言う考えは無くなりそうです。

経営者は結構言います!「あの人仕事出来る」って!

どんな人かって言うと・・・

「経営者の思うとおりに行動してくれる人」

「意見なんて言わない人」

「自分(経営者)の事を尊敬していそうな人」

ただ残念ながらこんな人は社内でも収入が高いです。

これって日本だけの文化かも知れません!

あくまでも小野の定義では・・・

「仕事が出来るって・・・数字出せる人」です!

特に最近はビジネスはITのお陰で「数字」を持つようになってきました。

どっちが仕事出来るんだろうか?

「1日10000アクセスもらえるブログつくれる人」と「営業部長」?

どっちが仕事出来るんだろう?

「1日で100件の法人飛び込み営業できる人」と「社長」?

恐らく近い将来・・・役職が高いから給料が高いって言う時代は終わりそうです!

特に今中間管理職の人・・・気をつけた方がいいです!

『会社でのあなたの存在理由はなんですか?』


コメントどうぞ!