飲食業界と日本人の働き方を考える!感じる!

gaishoku

マクドナルドの12月期は9年ぶり減収減益 既存店売上高は3.3%減
 
『日本マクドナルドが7日発表した2012年12月期決算は、最終利益が前期比3.2%減の128億円になるなど、9期ぶりの減収減益となった。今12月期は9.6%の最終増益を確保する計画だが、6月中間決算は最終減益を見込むなど、減速傾向が続くとみている。

12年12月期の売上高は2.5%減の2947億円と減収。営業利益も12%減の247億円に減り、最終利益とともに減益となった。売上高、営業利益、最終利益がすべてそろって減少するのは、03年12月期以来となる。

今期の6月中間期は減収減益が続く。通期も売上高は8.6%減を見込んでおり、5年連続減収となる。

マクドナルドでは既存店売上高が昨年度は3.3%減と大きく落ち込むなど、一時期の拡張路線にブレーキがかかっている。「外食市場が落ち込んでいる」と業界全体の問題としているが、回復に向けて、年内に赤字や薄利の店舗110店を「戦略的閉店」するなどリストラを実施。さらにメニューの増強や見直し、朝食時間帯など弱かった時間帯のテコ入れも進めている。』

こんな記事がMSNニュースにありました!

この中に恐ろしい話があります。

「110店舗閉鎖」「リストラ」です。

日本を代表する日本マクドナルドが110店舗もの「売上構築(アップ)」を諦めて閉鎖すると言う事!もう1つは「リストラ」をすると言う事。この経営体はアルバイトに店舗マネジメントをさせてる事が多い為に社員は本当に実力がないと会社に入れない!

会社をつくってきたベテランが切られ、単価の安いアルバイトが残る!まさにグローバルスタンダードなのかも知れない!

この記事を読んでこれを読む皆さんに考えて頂きたいのは本当に「年功序列」「終身雇用」は終わったと言う事。業種によって異なるが専門家に聞くと大手上場企業でも基本給のベースアップは45歳までで、その後は下がって行く。早い年齢で右肩下がりになる企業が増えてきたと言う事!

実はこの環境・・・非常にヤバイんです。

一見利益コントロールのように見えていますが「愛店心」「愛社精神」を持つメンバーが減ってくると言う事。これは更なる売上ダウンに直結する可能性が大・・・歴史が教えてくれます。

また大企業ですら諦めた課題において中小企業はどんな策を・・・

小野的には大企業だから諦めたと感じています。

ポイントは110店舗から売上損失は何十億円もの創造する売上が市場に出来たと言う事!

多く売上を取るのも大事だが結論は「1店舗あたりの店舗段階利益」

チェーン店の経営意匠のあり方も変わるかも知れないと思った!小野でした!


コメントどうぞ!