「豊か」の根源!経営意匠を少し考えてみる!

KATSUO~1

経営意匠って「売り方の設計図」です!これが上手く出来ているところはラクに物凄く売っています!(笑)
 
たまに小野が見ると・・・

『この店舗、この会社・・・終わるな!』

っていう所もあります。勿体ない、残念の一言です。

実は経営意匠をっしっかりと売れるようにつくるのは難しいのですが、多くの経営者の方が「ヤラれて」しまっている点って以前の問題の事も多く、それが出来ないので「経営意匠」どころではないと言う方もいるはずです。

それは・・・「現場が働かない」と言う事です。

特に店舗ビジネスの場合は

『上司が見ていないのにガチで働く人はいない』

そんな事もあって店の長が一番働きません!

店舗で長く働いていると「におう」ものです。

どんなことかと言えば・・・「お客さんが増えて来そうな予感」

大体、店長の上司は元店長でしょうから・・・こんな事も知っている!

でも・・・

『そんな雰囲気も全くない店舗に行って、何でかな?客数が増えないのは・・・』

なんて思っているんです!

人間って凄い動物です!

どんな仕事でも将来にWINが感じられないと真面目に出来ないのも人間です!

だから・・・経営意匠をつくるなら、つくる人が「この店なら俺行く!」

がないとまず売れません!

ここを「店舗の人間」とすり合わせ出来れば非常に簡単な訳です!

いいですか「これなら売れる」ではなく「これなら利用する」ですよ!

もう1つは単価です。

最近のビジネスモデルでは、この「単価」と言うワードは非常に大事です!

A「5000円のものを20人に売る」

B「500円のものを200人に売る」

売上げは同じですがAは高校生でも売れますが、Bは相当のプロでないと売れません!

でも、単純に「安い方が売れる」と人間は思います!

「売れる」のと「10倍売る」と言うのは違います!

では「ズバズバ」のヒントです!

昔、東京のある「お好み屋」さんのサポートをした事がありました!その方は元証券マンで結構の収入を得ていました。小野から見ると全ての「売価設定」が高いな?って感じていました!

結構売れていて・・・客単価も3000円超えていました!

単純に彼はサラリーマン時代にそんなお店を利用していたのでしょう!

「自分が使える」・・・

悪口ではありませんが年収300万円程度の元飲食店店長あたりが開業すると客単価1000円ちょっとのお好み焼き店をつくりそうです!でも・・・

あなたは「お好み屋」を月に何回利用しますか?

ただ・・・「うちは安いから月に2から3は利用出来るな!」

ちゃんちゃん!

経営意匠・・・勉強すると「豊か」見えてきます!


コメントどうぞ!