未来を透視してみる力ってあるのかな?

mirai

せっかく生まれてきたら多くの人に知られたい、役に立ちたい!・・
 
仕事して生活して仕事して生活する。勿論目先の事ばかりで必死になる事も良いと小野は思う!でも少しでもコツコツとでもメジャーになりたいと小野は思っている。

最近、アスケン会員さんから「ブログやっていたらお仕事の依頼が何件か・・・」

なんてメッセージをもらうとニコニコとなる小野がいます。でも中には「特別な人」しかそんな事は出来ないと思っている人もいます。

それはあまりにも悲しいと思うのです!

「やってもいないのに決まっている人」

小野が代表を務めるリトルライオン・・・今から19年前に発足した会社!

そこで30歳の小野和彦は社訓をつくった・・・それはその時の思いをぶつけたものです。

当時、30歳の小野、28歳の宍戸は若いゆえ、無名なゆえ、何もないゆえに世間から馬鹿にされていました。その時に社訓をつくり自分達を戒めたのです。その社訓の中の1つに・・・

『今の偉い人も昔は若造!』

ただし、その時は「力をつけようと思って中身を掘った、勉強した。努力した」・・・結果はどんなに能力がついても「世間からは馬鹿にされていた」 仕事は増えない、依頼もない・・・

どうですか!新しい時代がやってきて「売り方も大きく変わってきました」その時に大事な事は・・・

『どんな強い恐竜も環境変化に対応出来なかったので絶滅した!』

これはビジネスの世界でも全く同じことなんです。

もし、これを読む皆さんが「何も新しい事に対してチャレンジできないのなら」あなたはずっと「若造」なんです!逆に全く無名の人間がたった1から2ケ月ブログを書いたら依頼が来たと言うのもものすごい事実なんです。

小野が伝えたい事!・・・

それは「知られた」と言う事!

何をやっているかを「知られた」と言う事!

では。あなたを知ってもらう方法は?

是非考えて頂きたい!

『あなたは実際に何人の人に知られているか?』

おそらくアスケン会員でブログを書く彼女はこれから何千、何万と言う人に知られていくだろう!ただ彼女の身分は契約社員として働く主婦である。

『有名になる=客数が増える、売れる』は×だと小野は思う!

ただ『無名は話にならない』

勿論、今が無名な人は全く問題はない。ただ一生無名な人は「ワーカー」として作業をし続けるしかない事は歴史が教えてくれる!

2013年4月20日・・・無名な小野和彦より!


コメントどうぞ!